森への想い

森への想い

この場所に出逢ったときは
桜が満開でとてもステキだったけど、
周りはとても荒れ果ててました。

なにから 手を付けていけば分からない状態でした。
まずはゴミを片付け、それから看板をつくって…。
やることは山のようにありました。

夕方まで森の手入れ、間伐をしてから、バルンバルンの森に戻り
この森の空間を作ってきてくれました。

ツリーハウスや石窯、ブランコやすべり台。
ここに訪れる人が元気に
そして笑顔が増える一日になればと願い
少しづつやってきました。

だけど、やってもやっても終わりはなくて。笑
何度かやめる!って弱音を吐いたこともあるんです。笑

そんなときも
仲間に支えてもらったり
訪れてくれたお客さまから
あたたかい言葉をかけてもらったりで…本当に感謝しています。

継続というのが大の苦手。笑
でも このバルンバルンの森だけは 続いています。

きっと、まだまだ続いていきます。
そして、私たちの想いをのせて
カタチを変えていくことでしょう。

どんな風に変化していくかはお楽しみに。

長々とお付き合いありがとうございます。

いつか、バルンバルンの森と暮らしが
本になったらな〜と思ったりしてます。

インタビューして書いてくれる人 いたらイイな〜♡笑

これからもみなさんから愛される
バルンバルンの森をつくっていきます。