バルンバルンの森へようこそ

バルンバルンの森は
小さな森のレトロな宿泊・滞在施設です。


春は満開の桜、秋はプラタナスが紅葉し、
冬は澄んだ空気に満天の星空と
贅沢な森の時間を過ごせます。

こんな風になったらいいなと
イメージを膨らませるのが好きな妻と
ものづくりが得意な夫の夫婦ふたりが

正式にキャンプ場を運営するようになったのは
2002年春のこと。

1979年生まれのキャンプ場は
古くて改修することだらけ。

たまっていたゴミを片付け
場内を整備するところからのスタートでしたが、
18年かけて沖縄や北海道などの遠方からも
わざわざ訪れていただける場所になりました。

バルンバルンの森は
森の小屋などの宿泊施設が約10部屋と
テントでの宿泊が約20張の
とても小さい宿泊滞在施設です。

ツリーハウスやあちらこちらにある手描きの看板
ハンモックに揺られて
ひっそり本を読める森の読書室や
ちょっぴり変わった森のカフェ。

小さな森ではありますが
どこを見ても
「いちいち可愛い!」
と思ってもらえるよう

森というキャンバスに
フリーハンドでスケッチするように
たっぷりと愛情をこめて
コツコツと日々森を作り続けています。

最近はお泊まりの方だけでなく、
近所の方がゆっくり本を読みたいと
day利用をしてくれたり

誕生日会や結婚式などにも森をご利用いただいき
とても嬉しいです。


まだまだ森の使い方は未知数ですが
来ていただいた方が笑顔になれる場所で
あり続けたいと想い続けています。



バルンバルンの森が提供しているのは
キャンプができるただの場所ではありません

日々忙しく時間に追われる毎日の中で
空の青さや鳥の声に耳を傾けたり、

雲のカタチが面白いね、
星がきれいだねと

普段は見逃してしまいがちな
身近にあるしあわせに気づく、
ゆったりとした時間を
お届けしたいと考えています。

どこを見ても可愛いと思ってもらえるよう
愛情をたっぷりかけて
森づくりを進めているのは、

非日常の森の時間の中で
宝物を見つけた時のようなワクワクする気持ちや
思わず笑顔になってしまうハッピーな瞬間を
増やしたいと思っているからです。

ここに訪れる人が元気に!
そして、思わずニコッと
笑顔がふえる1日になればと
わくわくするような
空間をつくり続けています。

そして可愛いだけではなく
目に見えない優しさや温もりが詰まった場所で
ありたいなと思っています。

まだまだやりたいこと、
形にしていきたいことがたくさんあります。

見たい景色があるから
これからもこつこつと進んでいきます。

バルンバルンの森でお待ちしております!